ユンボをレンタルしてダンプで運びました

私は若いころ工務店で働いていてよく基礎工事をやっていました。
工務店と言うと大工さんばかりが勤めている感じがしますが、そうではなくて基礎工事をやる人間もいるわけです。
大工さんは職人と呼ばれますが、基礎工事をやる人間は職人とは言われないです。
基礎工事と言うのはスコップで穴を掘ることが出来る人間なら誰でもできる仕事なので、職人とは呼ばないようです。
私はその基礎工事の中でもユンボに乗る仕事をメインにしてやっていました。
私が行っていた工務店ではユンボはレンタルしていましたが、小さいタイプの物ばかりレンタルしていました。
一日のリース料は安いですが、現場まで運ぶ運送費が高いので、私が会社のダンプに乗りそのダンプに重機を載せて現場まで運ぶと言うことをやっていました。
これをダンプに載せて運ぶのは簡単ですが、ダンプに載せるのが結構難しいです。
これをダンプに載せる専用の鉄板があるのでそれをうまく使って載せることになりますが、もし落としたら弁償と言うことになるのですごく気を付けて載せていました。

何度もやるうちにコツを覚えて簡単に安全に載せたり降ろしたりできるようになりました。
この重機は軽油で動くので現場へ行く途中でガソリンスタンドによって軽油を缶に入れて現場へ持って行っていました。
途中で軽油が切れると当然動かなくなるので、仕事が止まってしまい無駄な時間を過ごすことになるからです。
基礎工事でたいせつな部分は基礎を作る部分のレベルを出すことで、もし基礎のレベルがとれていないと家は垂直に建たないことになってしまって大変です。
それで穴を掘る部分は実はそれほど重要ではなく、重機が運転出来れば誰でもできる仕事ですが、重機の資格を持っているのが私だけだったので、私がメインでやっていたわけです。
パワーショベルに関しては大から小までたくさんの種類がありますし、形にもいろいろあります。
現場に合ったものを選択しないと作業がやりにくいですから、やはりリースするのが一番いいと常に思っていました。